仏具 おりんを買った

用足しの帰路、自宅近所にある仏具店に立ち寄り、おりんを買った。座布団と鳴らす棒合わせて3880円。衝動買いだったが、最近になってかおうかなあ、と思いつつあったことも否定はしない。   「仏具のはせがわ」というサイトによると、「おりん…「鈴」や「輪」とも表記される、「梵音具(ぼんおんぐ)」という読経の際に用いられる仏具の一つ。…
コメント:0

続きを読むread more

77回目の終戦の日

今日は77回目の終戦の日。そして我が家では昨秋、10日をおかず他界した夫婦の2人の母の新盆でもある。先に逝った2人の父も先の大戦で軍人、軍属として苦難の日々を送り外地から帰還した。同時に日本の誤った政策遂行つまりアジア侵略の犠牲になった実数不明の隣人たちのことが心に浮かぶ。いろんな想いを込めて先人たちの冥福を祈り、平和を祈る1日にしたい…
コメント:0

続きを読むread more

安倍国葬に反対します

安倍国葬をめぐる自論をFacebookに2回書きました。転載します。 8月13日 昨夜のBS-TBSの報道1930で、自民宏池会古賀誠前会長が次のようなことを述べていた。  保守本流の宏池会の政権運営は(右から左までの)国民から60%の支持を得られたら合格としてきた。保守とはそういうものだ。一方、安倍晋三氏に代表される傍流タカ派の…
コメント:0

続きを読むread more

本の紹介「月を見るケンタウルス」

○○さま  3日ほど前、未知谷より法橋和彦先生の「月をみるケンタウルス」が届きました。ありがとうございました。  すぐにお礼をと思いつつ、風邪でふせっており、今朝ようやくパソコンに向かうことができました。風邪をひくのは何年振りか思い出せません。  それでも、ご著書はベッドで通読させていただきました。    法橋先生のご高名は…
コメント:0

続きを読むread more

注意散漫を見抜いた恩師

昨夜、珍客と酒を酌み交わした。大阪河内の玉川町立玉川北小学校入学時の担任森岡綾子先生(故人)のご子息伸彦さん(1956年生まれ)。横浜からの道内旅行で立ち寄ってくださった。 ▲森岡伸彦さんと=札幌南3西2、居酒屋えん家にて 昨年、河内を再訪したとき、森岡先生ゆかりのお寺のことを書いたのを伸彦さんが見つけ連絡をくださった。初対面だ…
コメント:0

続きを読むread more

師弟は一生もの

10数年間書道の手解きを受けた熊川景子先生(北海道書道展審査会員)から今年も同展の入場券が届いた。諸般の事情から文化センター通いを何年か前にやめたが、不肖の弟子を今なお気遣ってくださる。明日からの会員展で先生の近作を拝見しに行こう。 届いた封書には懐かしい先生の墨書達筆の添え書きがあった。 古来名書家の手紙は尺牘(せきとく)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このブログのプロバイダーが店じまいするらしい

2008年4月から続けているこのブログ。サイトを提供してくれているBIGLOBEが2023年1月末でサービスを停止するという連絡がきた。このごろはすっかり低調な投稿なので、古くからの読者の皆さんに不快な思いをさせているでしょう。まことに申し訳ない。さてどうするか。 ❶これを機会にブログはすっぱりやめる。14年間の過去ログもすべて放…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝塚新芸座と初音礼子

Facebookで、宝塚歌劇観劇のことか書かれているを見て、いまはなき宝塚ファミリーランドにあったもう一つの劇場(第二劇場といったか)のことを思い出した。中一の寒くないころだから、1961年か。阪急宝塚線曽根に住んでいたころ、母親と3兄弟妹の4人でファミリーランドに行った。 ▲宝塚新芸座公演のポスター。1951年4月とある=阪急文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急行ニセコがあればなあ

先週金曜日、鈍行の旅で長万部に行ったお話の後編です。予定通り16時38分発の小樽行きに乗り、小樽で新千歳行き鈍行(札幌から快速エアポートに)に乗り換えて札幌から地下鉄に乗り換え。自宅着は20時50分ごろでしたかしら。朝家出たのが8時50分ごろでしたから、きっちり12時間の旅でした。 長万部からの山線(ニセコ、倶知安経由)16時38…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長万部へ鈍行の旅

もう3日前、先週の金曜日のことだが、当日の朝、急に思い立ってJR札幌駅から片道174㌔の函館線長万部駅まで、日帰り鈍行の旅をしてしまった。家を午前9時前出て帰宅したのも、午後9時前。車窓はすべて白銀世界だった。  上に「急に思い立って・・」と書いたが、実は「長万部」のことが気にかかっていたことは間違いない。「2030年度末の北海道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more